キリン園

人生すべてがコンテンツ

世界最小最軽量のモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」をレビュー!

僕は普段、

上の記事で紹介しているcheeroの「power plus 3 mini」というモバイルバッテリーを使っているんだけど、

旅行用&ポケモンGO用に追加でモバイルバッテリー買ったった!

ででーん!

f:id:zentoyoyo:20160502001240j:plain

  Ankerの「PowerCore 10000」だぁい!

もう箱の時点で小さいよね。すごい。さすが世界最小・最軽量だ!(2016年1月時点)

開封するよっ!

f:id:zentoyoyo:20160502003836j:plain

ぱっ

わお、箱の時点で小さいと思ってたのに、本体は箱の半分しか無かった。なんというコンパクトさ。

手前の白いのが本体、奥の青い箱にはケーブルとポーチが入ってました。

付属品

f:id:zentoyoyo:20160502000739j:plain

付属品はこんな感じ!メッシュ素材のポーチと、USBケーブル。

カラーは黒と白、2色あって、今回は白にしました。iPhone本体が白だから、モバブもいつも白を買ってるよ。

f:id:zentoyoyo:20160502001637j:plain

長さはこのぐらいで、ちょっと短めだね。測ったら60cmでした。(iPhone付属のライトニングケーブルは100cmね)

比較してみよう

f:id:zentoyoyo:20160502001351j:plain

iPhone6sを隣に置いてみる。それにしても小さい。右側に写ってるの、6sよ。プラスのほうじゃないよ。

これで10000mAhってどうなってんのっ。(ちなみにiPhone 6sだと約4回充電可能)

しかも小さいだけじゃなく、軽い。この容量で、180g。iPhone 6sは143gだから、それよりちょっと重いくらい。

f:id:zentoyoyo:20160502004631j:plain

次、いつも使ってるcheeroの「power plus 3 mini」を隣に置いて比較。

右の「power plus 3 mini」は6,700mAh、左の「PowerCore 10000」は10,000mAhです。

f:id:zentoyoyo:20160502004645j:plain

厚みはこんな感じ。今回買ったバッテリーのほうがちょっとだけ薄い。

PowerIQ搭載で高速充電が出来るぞっ!

f:id:zentoyoyo:20160502001317j:plain

給電用ポートは一個だけ。複数端末を同時に充電したい人には向かないかも。

で、この給電ポートは「PowerIQ」っていう、「接続した機器を検知して電流を最適化する機能」を備えているので、最大出力2.4Aの超高速充電が出来るのだっっ!

まぁ最近のモバイルバッテリーは大体高速充電対応だけど、もし未対応のバッテリー使ってるなら、ぜひ高速充電対応バッテリーに買い換えるのをオススメするよ。早いは正義だ。

右側にはバッテリー本体の充電用のポート。

LEDランプで残量確認

f:id:zentoyoyo:20160502001330j:plain

側面のボタンを押すと、こんな感じで青いランプが4段階で光ります。いわずもがな、バッテリーの残りの容量を表しています。

まとめ

普段持ち歩くバッテリーとして、最強かも。軽くて、小さくて、高速充電で、大容量。文句なしっ!

あとは、「普段は小さめのモバイルバッテリーを持ち歩いてるけど、旅行用に買い足したい」とか、ぴったりだと思います。

というわけで、オススメ!

 以上、またみてね!

 

f:id:zentoyoyo:20160510010321j:plain  

f:id:zentoyoyo:20160510004450j:plain

 

【もう一記事読みませんか?】

広告を非表示にする